POUND THE ROCK
ファウンダーのいまだ唯仁です。

中国4000年の歴史に描かれた中国の古典を見ると、論語などの四書五経だったり、数々の兵法書など現代でも光り輝くものが多い。かくいう私も、三国志をはじめとした歴史や思想に、どっぷりハマった一人です。今もなお、支持されるその普遍的思考と兵法戦略は、高度競争社会を生きるビジネスアスリートにとって、外せないバイブルと言っても過言ではありませんね。

論語には、人格や人間関係についてのヒントがたくさん

中国でも最も古い書物の一つと言われる論語、中国古典の「四書」の一つであり春秋時代に生きた思想家・孔子とその弟子達の言行録であり、ビジネス・プライベートとあらゆる日常生活で活用できる教えが説いてあります。孔子は、組織のリーダーではありませんが、弟子は3000人を数えたなど、多くの人に慕われただけあって、人間関係の構築に役立つ言葉がたくさん残っています。

「人の己を知らざるを患えず、己の能くするなきを患う」

これは、

「自分という存在を、他人に知ってもらえないことを嘆く人は多いが、それは、他人に知ってもらえるほどの能力しかない自分自身に原因があるんだよ。つまり、何事にも原因が有り、それを産み出しているのは、自分自身に他ならなんだよ。」

と超訳できます。ついついと思いがちですが、ハッと気づかせる一文ですね。

 

また、こんな言葉も残しています。

「己の欲せざる所は人に為す勿れ」

これは、

「自分がしてほしくないことは、他人にもしてはいけないよ。」

という人間関係を構築する上で、基本となることがサラッと描かれています。

特に、孔子は、仁(思いやり)が最上の徳とも言っています。
※雑談ですが、私の名前にも仁が入っています。ビジネスする上でも、とても大切にしている漢字です。

思いやりを持って他人に接し、他人の立場になって考える。基本的なことを忘れてしまっている人、多いかもしれませんね。

論語には、人生を豊かにし、ビジネスや交友関係を広げていくためのヒントがたくさん隠されています。

聖徳太子や徳川家康も愛読していたとか。
渋沢栄一さんをはじめ、トップエリートやトップアスリートの愛読書としても有名です。

P.S.
論語は、毎朝6時配信の公式メルマガ「POUND THE ROCK」でも配信中♪
ぜひ、購読してくださいね。

 

しなやかに、したたかに勝ち割る!

『POUND THE ROCK』
ファウンダーいまだ唯仁