いまだ唯仁です。

何事も、成功に導くコツは、準備8割と言いますよね。

準備が、何よりも重要だというのは、
聡明なあなたは、もうおわかりのはず。

では、ビジネス戦略について、
どれくらい本気で考えたことありますか?

考えなくてはいけないとわかっているけれど、
「今でなくても・・・」
「時間に余裕があるときに・・・」
「よく分かんないし、やりながら・・・」など、
あれこれ理由をつけてグズグズした挙句、
思った成果を出せず、自己嫌悪に陥る。

面倒くさいことは、後回し・・・。
こんな経験、ありませんか?

もちろん、
行動を積み重ねることは何よりも重要です。

しかし、戦う前に、
「正しい戦略を立てて実戦にのぞむ」では、
その後の戦況と結果に大きく影響します。

今回の記事では、
失敗する起業家が、後回しにしてしまう
「ビジネス戦略」について、
これだけは知っておきたい
ビジネス戦略の本質を
3分で解説して行きます。

絶対に成功したい。
ダントツなビジネス戦略を立てたい。
と思うあなたには、とても有力な情報です。
ぜひ一緒にやってみてくださいね。

ビジネス戦略の本質を一言で・・・

大辞泉によれば、戦略について、

せん‐りゃく【戦略】
 戦争に勝つための総合的・長期的な計略。→戦術
 組織などを運営していくについて、将来を見通しての方策。「経営戦略の欠陥」「戦略的人生論」「販売戦略を立てる」
[補説]具体的・実際的な「戦術」に対して、より大局的・長期的なものをいう。

と書いてます。

また、世界中の成功者に強い影響力を与え、
マネジメントの神様とまで呼ばれたピーター・F・ドラッカーは、

何事かを成し遂げるのは、強みによってである。
弱みによって何かを行うことはできない。
できないことによって何かを行うことなど、到底できない。

と言いました。

つまり、これらの意味を加味し、
ビジネス戦略の本質を一言で表すと、

「強みを活かして戦う長期計画」ということです。

ビジネス戦略の本質とは、強みを活かして戦う長期計画。
ビジネス戦略の本質とは、強みを活かして戦う長期計画。
ビジネス戦略の本質とは、強みを活かして戦う長期計画。
ビジネス戦略の本質とは、強みを活かして戦う長期計画。
ビジネス戦略の本質とは、強みを活かして戦う長期計画。

もういいですか……

PTR(パウンドザロック)では、
〝ダントツ〟なビジネス戦略と人格育成を専門としているので、

〝ダントツ〟なビジネス戦略の本質とは、
強みを〝ダントツ〟に活かして戦う長期計画。となります。

 

「強み」を、『ライバル』と『お客さん』に活かす

では、そのあなたの「強み」を、
誰に対して、活かしたらいいのでしょうか?

ビジネス戦略においての登場人物は、
『自社』と『ライバル(競合他社)』と『お客さん(顧客)』の3者です。
とても重要な要素なので、頭に入れておいてください。

つまり、これら2者に対して、
自社の「強み」を活かせなければ、
ビジネスで勝てません。

自社の「強み」が、『ライバル』と比べて〝優れている〟こと
自社の「強み」が、『お客さん』にとって〝価値がある〟こと

この2点は、ビジネス戦略において、
どちらも欠かすことのできないともて大事なポイントです。

どちらも欠かせません。

『ライバル』を、〝寄せつけない〟ほどの
自社の「強み」が活かせる超マイナーな競技に参加しても、
『お客さん』にとって、
〝価値がある〟ものでなければ、観に来ません。

『ライバル』では〝作ることができない〟、
時速100キロの電動自転車開発という
自社の「強み」を活かした商品でも、
『お客さん』にとって、
〝価値がある〟ものでなければ、購入しません。

どちらも、ビジネスとして成立しませんよね。

ここで抑えるポイントは、
〝価値がある〟とか〝価値がない〟と判断するのは、
『お客さん』です。

整理してみましょう、、、

ビジネス戦略において、「強み」を活かす戦略とは、

『お客さん』とって〝価値があり〟『ライバル』より〝優れている〟自社の○○○を活用した戦略

ということになります。

この「○○○○」を明確にしたものが、
「強み」です。

 

「強み」の活かせる『お客さん』に、絞る

さて、ビジネス戦略において、一番失敗しやすい要因とはなんでしょう?

それは、〝曖昧さ〟です。

ビジネスで失敗する起業家の9割以上の人が、
ビジネスを〝曖昧〟にしたまま進め、
カオスに陥り、廃業となるというのは、
失敗の方程式と言えます。

ここでいう『お客さん』に対する〝曖昧さ〟とは、
顧客を広げるを意味します。

全ての顧客はターゲットにできませんし、
するべきでありません。

骨折で病院にかかりたい場合、
「総合病院」より、「整形外科」に行きますよね。
専門性があるというのは、何よりも〝明確〟です。

これは、『お客さん』にとっても分かり易く
選ぶきっかけになるわけなんです。

ビジネス戦略の本質とは、「強み」を活かして戦う長期計画でしたね。

もう一つユニクロの成功事例を出したいと思います。
ユニクロの強みは、高品質低価格です。
低価格を求めるお客さんにターゲットを絞り、
ターゲットのお客さんが来店しやすい住宅地近郊や
大型ショッピングモールなどに出店計画に絞り、
ビジネス戦略を立てたからユニクロは、勝ったのです。

もし、高価格を求める顧客にまで層を広げると、
ユニクロは、どこに出店したらいいのでしょうか?

ターゲットを広げることで、
複雑化し、出店計画、ブランドメッセージが、
〝曖昧〟になります。

曖昧さと複雑化は、
顧客にとって何よりもストレスなので、
選ぶ優先順位がグーンと下がります。

もう、あなたもお分かりですよね。

顧客を絞ることは、ビジネス戦略の鉄則です。
的を絞ることで、自社のビジネス戦略も明確になります。 

 

「強み」を、お客さんの〝価値〟とつなげる

『お客さん』は、あなたの〝価値〟を買います。

あなたの「強み」=『お客さん』の〝価値〟になれば、ビジネスは成立する。

これが、ビジネス戦略における基本的な流れです。

『お客さん』が、「価値」(自社の強み)を買うということは、
利益が生まれます。

『ライバル』より、自社の「強み」(お客さんの価値)が優れているということは、
競合より、高い価格がつけられ利益はさらに生まれます。

 

もし、あなたのビジネスで利益があがらないとしたら、

  • その「強み」は、本当は強みではない
    →【ライバルに劣っている】
  • その「強み」は、お客さんにとって価値ではない
    →【お客さんがそれに対してお金を払わない】
  • その「強み」は、お客さんの絞り込みを誤っている
    →【お客さんと自社の価値観のミスマッチ】

など、ビジネス戦略の基本に問題があるかもしれません。


以上、3分でビジネス戦略でした。

いかがでしたでしょうか? 

もちろんこれ以外にも色々な要素はありますが、
本質は意外と単純なものです。

 

最後に、歴史上の最高の戦略書と言われる「孫子の兵法」から、

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

ビジネスはこれに尽きます。
冒頭でも述べましたが、成功に導くコツは、準備8割です。

ビジネスをはじめる前に、まずやるべきことは、自社の「強み」を知ること。できるだけ明確に。

そして、ライバルの弱みを知って、ライバルが提供できない、あなただけの「強み」をフルに活かして戦うことです。

「孫子の兵法」では、さらにコトバを続けています。

”「あなたの敵とあなた自身の両方を無視すれば、あなたは愚か者であり、確実に、すべての戦いに負けるだろう。」” 

”「あなた自身を知っていても、敵を知らなければ、戦争に勝つたびに、損失を被ることになるだろう。」”?

”「あなたが、敵とあなた自身を知れば、すべての戦いに勝つだろう。」”

とてもシンプルですが、2,500年以上読み継がれてきた最高の戦略書だけあって、本質を突いていますよね。ぜひ、あなたにも参考にしていただければ幸いです。

Pound The Rock!
いまだ唯仁